comico
ちっちゃいもの研究所

第3話 けんびきょうの中で

コメント

4 / 5 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

ちっちゃいもの研究所

ちっちゃいもの研究所

ミジンコよりちっちゃい。ミクロの世界の日常ファンタジー!?海岸や田んぼ池の中・・・身近にいっぱいいるけど、見えていない。ちっちゃいけれどちゃんといるんですョ♪ちっちゃいものたちが考えていることやお話してることが聞こえてくる?!

作家コメント

海岸や水田にいる微生物のお話、第3話です。
顕微鏡はシャーレで見てます。
・水が少ないと、表面張力でちっちゃい奴らは動きまわれないとか。
・「かいけいちゅう」の「かい」の字について。「貝」でも「介」でもいいみたいです。本来、象形文字の意味合い的には、「介」⇒2枚貝、「貝」⇒巻貝らしいので、それを意識したら「介」なのですが(^^;)「貝」の方が何者かをイメージしやすいのでこちらの表記でいきます(><)
・砂の中の奴らは目がないみたいです。漫画なのでイメージ映像(目のあるかわいい代表さん)でお送りしております。

みんなのコメント(8)

0/400

お知らせ