鶴山時魚

なんと50話目です。こんなにがんばれるのはひとえに読んでくださる皆さんのおかげです。長すぎて回想シーンなどわかりにくい所も出てくると思いますがまだまだ長くなる予定です。すいません。クレームが来る前に先に謝っておきます。ではまた次回。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話