鶴山時魚

暑中見舞い申し上げます。明日の朝、目覚めたら秋になってないかなー。と夢を描きつつ今日もソーメンをすする。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話