鶴山時魚

今回も読んでくださってありがとうございます。熊本のみなさんが平穏に暮らせる日が一日でも早くおとずれることを今はただただ祈るばかりです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話