Match pomper

sugar

第1話から読む

ある日の夜明け 夢を追い倦ねる日々に鬱屈としていた主人公は成功者を蔑む言葉を発したその瞬間どこか別の空間に立っていたそこには細身の人間が一人「羨んだ身分の為にそいつと同じ人生を歩んで手に入れてみるか?」と問いかけて来た・・・