BEST名前も知らない貴方に。

水月悠

♡30

第1話から読む

いつも通りのささやかな帰り道。普通に友達とまた明日って言って別れて、そのまま一日が終わると思ってた。だけどその日は特別だった。出会いました、貴方に。また会いたいと思った貴方に。