おとうとの昨日

なぉ

♡2

第1話から読む

五年間、泣き続けたよ。 五年間、あなたのことしか考えなかったよ。 私がしてあげられるのは、これだけだから。 でも、まだ、足りないの?