エルミターシュの猫

祭菓

♡16

第1話から読む

負傷した父に代わり美術館の守護猫に赴任したアレクサンドル。意気揚々と入館したが、どんな職業もそうであるように、それは理想と現実の差にキリキリヤキモキモンモンする日々の始まりだった・・・。美術品を護る猫達の物語。